2012年10月 3日 (水)

現在の"大停滞"の原因は?

今回は、現在の"大停滞"の原因について論じた著作の紹介。

著者は、タイラー・コーエン。2011年、英エコノミスト誌の「今後最も世界に影響を与える経済学者の一人」に選ばれた人物。

その彼が、現代の"大停滞"の原因についてこう述べている。

イノベーションの主な対象が公共財から私的財に移行した。このひとことに、現在"大停滞"を生み出しているメカニズムが凝縮されている。

イノベーションの対象が公共財から私的財に移行した、とはどういうことか。

過去のイノベーションの代表例は、電灯、自動車、航空機、電話、写真、テレビなどだろう。そして、現在のイノベーションの代表例は、なんと言ってもインターネット。

これまでのイノベーションとインターネットの違いはなんだろうか?

・収入を生み出しづらい
・利用するのに技能が必要
・雇用を生み出す力が小さい など

これらは現在の代表的な会社である、Google、Facebook、Twitterなどをみればわかるだろう。

このイノベーションの変化が、所得格差の拡大、世帯所得の伸び悩み、金融危機などを生み出したとコーエンは言う。

さて、今後はどうなるのか?いくつかの明るい光も見えてきているようだ。コーエンの言う、明るい光は下記のとおり。

・インド、中国がイノベーションの担い手になっていく。また、両国が消費者としてイノベーションを後押しする。
・インターネットのおかげで科学的な学習とコミュニケーションが格段に容易になった。その結果、多くの人が高い生産性を発揮できるようになった。
・教育の改革をおこなうべきだという声が強まってきている。

インターネットが普及したおかげで、場所を選ばずに入手できる情報が格段に増えた。それにより、多くの人が今までより良い学習の機会を得て、さらに高い生産性を発揮するチャンスを掴んだ。つまり、今まで場所によりチャンスがなかった人たちにチャンスが与えられたということ。

イノベーション開発に従事する人が増えれば、良いイノベーションが生まれる可能性が高まる。良いイノベーションが生まれれば、今の”大停滞”も改善されるということだろうか。

最後に、現在に対する著者の提案。

・科学者の社会的地位を高めよ。科学振興の面でも、名誉と金という二種類のインセンティブを有効に機能させよ。
・政治の機能不全を増幅させないように努めなくてはならない。

科学者の社会的地位を高めよという提言に賛成。科学力と経済力は関係していると思うから。科学力が弱小になると、経済力も弱小になるのではないか。

TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

これからは、ビットからアトムへ!

先日(2012/9/20)、WIREDで「WIRED CONFERENCE 2012:”メイカームーブメント”とは何か? クリス・アンダーソンの新提言」という記事が公開された。

クリス・アンダーソンと言えば、「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略」や「ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)」を書いた人として有名だ。

彼の新提言はこうだ。

これまでの10年間、デジタル=ビットの世界では、インターネットによってアイデアがオープン化され、シェアされるようになった。誰もがコンテンツを作ることができ、それをオンラインで世界中の人々と共有することが可能になった。

つぎの10年間はどうか。

つぎの10年間では、これまでのプラットフォーム=インターネットを利用して、現実=アトムの世界でビットの世界と同様なことが起こる。個人が製品化したものを、クリック一つで世界中に流通することが可能になる。

要するに、モノの制作と流通が個人の手によって行なわれるようになる、と。

これからは、デジタルコンテンツ以外のものがネットワークを通じて流通するようになる、というのは間違いないように思う。「第三次産業革命:原発後の次代へ、経済・政治・教育をどう変えていくか」という本では、インターネット技術と再生可能エネルギーの融合が起こると論じられています。

個人のモノ作りを支援するサービスもすでに登場しているようです。ファブラボという団体は、個人が3次元プリンタやカッティングマシンなどの工作機械を利用できる場を提供しています。日本では鎌倉と筑波にあるようです。

今までも個人によるモノ作り自体は可能だった。ただ、提供先が身近に限られていた。これからはインターネットというネットワークを利用して、デジタルコンテンツが流通したように、モノやエネルギーなどが流通していく。

次の革命は、ビットの世界ではなく、アトムの世界で起こる!ということでしょうか。

詳しいことは、来月発売される予定(2012年10月23日)のクリス・アンダーソンの新作に書かれているようです。御興味ある方は読んでみてください♪ 私は購入予定です。

TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

森博嗣「科学的とはどういう意味か」

科学を遠ざけている人に読んでみてほしい。
あと、義務教育に携わっている教育者にも。

目次

第1章 何故、科学から逃げようとするのか
 いつから避けるようになったのか
 向いていないと思い込む ほか
第2章 科学的というのはどういう方法か
 科学と非科学
 非科学的な習慣 ほか
第3章 科学的であるにはどうすれば良いのか
 「割り切り」という単純化
 科学は常に安全を求める ほか
第4章 科学とともにあるという認識の大切さ
 ごく普通に接すれば良い
 数字にもう少し目を留めてみよう ほか


科学的に考えることができれば、自分の身を守る、人の役に立つ、といったことに役立つと思う。
なぜなら、科学は信用度の高いものを生み出す一番の方法だから。

たいして信用できないものを他者に提供するのは、失礼にあたる。
そんなものでは、他者の信用は得られない。

自分だって信用できるものを利用したい。
使う度に異なる反応が生ずるものなど使いたくない。

著者は本著をこう締めくくる。

----------------------
P186より引用

科学の存在理由、科学の目標とは、人間に幸せである。
----------------------

TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

ニーチェ「人間的な、あまりに人間的な」

「良心」が正しいと言い切れますか?

著者はドイツの哲学者、ニーチェ
昨年、「超訳 ニーチェの言葉」が流行ってましたよね。

個人的には、本著は「自分で道を切り開いて行くタイプ」の人に特におすすめです。
いずれ、上記の、「良心」が正しいと言い切れますか?、という問いにぶつかるように思うからです。

本著を読んで、この問いに関してはよく考えなければならないと思いました。
ニーチェが一つの考え方を提唱してくれています。

----------------------
(P158より引用)
健全な魂を持つ人間であるならば!
誰しも自身の持つ自由精神と力の解放を望んでいるはずなのだ!
----------------------

今度は漫画ではなく、文庫で読んでみようかなnote


TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

岡嶋研二「薄毛の食卓」

薄毛の皆様に朗報、かもしれません。
あと、美肌を目指す人にも。



目次

第1章 見かけだけではない薄毛の心身への影響
 薄毛ブルーを知っていますか?
 薄毛の人にメタボが多い理由 ほか
第2章 これを食べれば毛が生える
 育毛の基本食は唐辛子と大豆
 マドンナを驚かせた玄米パワー ほか
第3章 食生活を見直してフサフサに
 唾液腺は育毛の自家発電装置
 おなかを温めると頭も温まる ほか
第4章 この食生活が薄毛を招く
 ハゲる食材No.1は多めのスイーツ
 胃を無神経にする塩で抜け毛に ほか
第5章 食事以外で髪を生やす方法
 プロペシアが育毛ブレーキを解除
 セファランチンは薄毛治療の名脇役 ほか)


著者は血液内科医師である、岡嶋研二先生です。

本著の内容を簡単に説明すると、ある食材(唐辛子や大豆など)を食べると、末梢組織においてIGF-1(インスリン様成長因子−Ⅰ)が増加し、これが毛母細胞に作用し育毛効果を発現する、というものです。

唐辛子と大豆の以外の食材としては、玄米、八丁味噌、鮭などが挙げられています。

ただ、捏造疑惑があるせいで?、岡嶋先生のホームページは「更新中」になっておりますcoldsweats01。自己判断で実践してみてくださいnote

個人的には、医食同源を信じております。

TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

トニー・ブザン「勉強が楽しくなるノート術」

今年学んだ中で最も役に立っている「マインドマップ」に関する本。


目次
1章 マインドマップってなんだ?
2章 マインドマップでできること
3章 マインドマップと学校の勉強
4章 テストでいい点を取る
5章 マインドマップで遊びもばっちり!


「マインドマップ」の発明者、トニー・ブザンの著書。
著作の中でも本著はfor kidsということで、かなり平易に書かれています。
でも、マインドマップの中身自体は掴めるので、オススメですnote

一個一個の事柄の関係性を理解しておくことは大切だと思います。
独立して存在している事柄はないと思います。
必ず何かと関係がある。

関係性を理解することで。より深い理解を得られると思っています。
今年学んだ勉強法の中で最も重要なものの一つです。
まだの方はぜひお試しをnote


TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

37シグナルズ「小さなチーム、大きな仕事」

「37シグナルズ」の成功経験談がずっしりと詰まった一冊。


目次

まず最初に
見直す
先に進む
進展
生産性
競合相手
進化
プロモーション
人を雇う
ダメージ・コントロール
文化
最後に


タイトルのとおり、"小さなチームで、大きな仕事をする"ために必要な法則がぎっしり詰まっている本です。
すべては37シグナルズの経験に則した内容となっています。

彼らの成功体験を学ぶ意味がここにあります。

-------------------------
P16-17より引用

 よくある誤解その二は、「失敗から学ぶ必要がある」というやつだ。失敗から何を学べるのだろうか?してはいけないことについては学べるかもしれないが、それにどんな価値がある?次に何をすべきかがわからないではないか。
 成功から学ぶことと比較しよう。成功は次の手段を与えてくれる。成功すれば、何が成功したのかわかり、それをもう一度できる。そして次はもっとうまくやれるだろう。
-------------------------


TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

アラン・ケン・トーマス「スティーブ・ジョブズ 」2冊

スティーブ・ジョブズ語録の最新刊です。
「自分を貫く言葉」と「世界を変えた言葉」の2冊。

目次
 情熱
 リーダーシップ
 技術
 伝説
 人生


目次
 ビジネス
 始まり
 イノベーション
 競合


たまたま書店で見かけて買ってしまいました。
最近、スティーブ・ジョブズ関連本がたくさん出版されてますね。

本著はスティーブ・ジョブズの語録本です。
解説なしなので、各々1時間もあれば読み終わります。
買った当日に読み終わってしまいました。

ただの語録本なのですが、大変勉強になります。
自分の生き方の根本になるなぁ、と思う言葉も多々ありました。

スティーブ・ジョブズの言葉を自分で集める手間を省きたい方にはオススメです。


TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

Newsweek「ジョブズ、天才の軌跡」

ジョブズ、本当にありがとう。

目次

American Genius
新しい未来を創った革新者の軌跡
■デジタル時代の天才予言者
■スティーブが愛した、たった一人の女性
■「現在」を生んだ創造主
The Dream Factory
世界を変えた夢の工場はいかに生まれたか
■夢の始まりはガレージから
■IT業界の第2のジョブズは?
■もっとシンプルに、もっと使いやすく
■アップルの原点となった40年前の私の記事
■世界を変えたジョブズ・マジック
■貧困の中で死んだ無名のジョブズたちへ
■iPadを生んだ発明の系譜
The Icon
時代を魅了し続けたスティーブの美学
■デザインを変えたアップルの哲学
■オタクをオシャレにした男
■窮地のピクサーを救ったジョブズの悪魔的経営
■「ハングリーであれ、愚かであれ」


僕が最も尊敬していた人物、スティーブ・ジョブズが先日、亡くなってしまった。
本当に本当に残念...。

彼はあまりに有名なので、ここでは彼の偉大な業績などには触れません。
最近、TVや雑誌で特集されてることが多いので、皆さん御存知でしょう。
この本もそんな中の一つです。

この本を読みながら、僕がジョブズに教わったことについて考えてみました。

僕がジョブズに教わったこと。

①デザイン=見た目や感触、ではない。デザインは、人の行動をコントロールするほどの機能を持つということ。
②真の目的を達成するまで妥協してはいけない。執念を燃やして、実行しなければならない。これが成功の鍵。
③情熱は伝播する。縦にも横にも。

もちろん直接会って、教わったわけではないですけどね笑
でも上記3つは僕の人生に深く刻まれています。

以下、オススメの動画と本。

有名なジョブズのスピーチ。

そろそろ発売される本。
もちろん予約済みです。
早く届かないかな♪

本当にありがとう、ジョブズ。
あなたと同じ時代に生きれて良かった。
どうか安らかにお眠りください。

「Stay foolish, Stay hungry」


TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

ニナ・バーリー「ナポレオンのエジプト」

東方遠征の時、多くの科学者を引き連れて行ってたとは知らなかった。

目次
第1章 将軍
第2章 幾何学者と化学者
第3章 発明家
第4章 学士院
第5章 エンジニア
第6章 医者
第7章 数学者
第8章 画家
第9章 博物学者
第10章 動物学者
第11章 石
第12章 本
エピローグ エジプトマニーからエジプトロジ―へ


本著はナポレオンのエジプト遠征記です。
ナポレオンはエジプト遠征の際、画家や科学者を151人に連れていった。
どんな科学者を連れていったかは、目次を見て頂ければわかる。

ナポレオンは科学を崇敬していたそうだ。
彼はよく、もし軍人にならなかったら世界を変える科学的発見をしていただろう、と言ってたらしい。

個人的に好きな人物は、発明家のニコラ=ジャック・コンテ。
彼は「両手にすべての技術、頭にすべての科学を持つ」と言われていた。
かなりかっこいい。

コンテという画材は彼によって作られた。
彼は生涯を通じて、「役に立つものを発明し、あるいはまたそれとべつに、自分では製造できないけれども最終的には世界の近代化に役立つはずの機械や道具の類を想像した」そうだ。

科学者らの功績は、「エジプト誌」という本におさめられている。
23巻からなる大作。
興味津々です。

TAROU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「アインシュタイン 150の言葉」